見出し画像

品川にゴルフスクール&Bar誕生!コーチと食べる“リアル”なインド料理【マハラジャ 品川グランパサージュ店/港区港南】

夏も本番を迎えようとしている中、取材日はあいにくの雨。
そんな空模様でも品川駅から広がるスカイデッキを歩けば雨に濡れることなく美味しいお料理にたどり着けるのはShinagawa peopleの特権です。

夏になると、辛い食事により汗をかきたくなるのも人間の性。そんな気分の時におすすめしたいのは、“マハラジャ 品川グランパサージュ店”。
 
“マハラジャ”とは、ヒンドゥー語で“王”を指す言葉。インドの5つ星ホテルや飲食店で修行を積んだシェフたちが作る本格インド料理を提供しています。インド料理の定番であるカレーは10種類以上あり、その他にもタンドリーチキンやビリヤニなどバリエーション豊富なメニューを楽しめます。

ほうれん草のカレーをつくるシェフ

大野さん:
私、辛いものが好きでインドカレーも好きなんです。今日はとても楽しみにしていました!

そう語りながらお店に入ってきたのは、“マハラジャ”から歩いてすぐの太陽生命品川ビル・地下1階に今年7月10日にオープンしたばかりの会員制ゴルフスタジオ“サウスゴルフアカデミー(SGA)”のコーチ・大野和樹さんと広報担当・森裕一さん。
 
今回はインドで日常的に食べられている料理から日本人にも馴染みのあるメニューまで本場インド料理を堪能できるコースを楽しみながら、お2人にゴルフの魅力や施設の特徴についてお話を伺っていきます。


コミュニケーションに最適な“ゴルフ”


大野さん:
照明や流れる映像も含めて、お店全体がインドの雰囲気に満ち溢れてますね!
このパリパリした食感の料理も初めて食べました。
 
森さん:
インド料理のお店では、カレーとナンのセットを食べることが多く、他のメニューはあまり食べた経験がない中で、職場の近くにこんなに本格的なインド料理屋さんがあると高頻度で通ってしまうかもしれません。

最初のメニュー“パパド”はお2人の言葉通りの本格インド料理。日本のせんべいのようなもので、インドでは飲み物と一緒に食べることが多いとの事。パクチー入りのピリ辛なソースか、タマリンドという果物と黒砂糖で作った甘いソースを付けていただくのが“インド流”。
 
インド気分を楽しむお2人。まずは大野さんの経歴について伺ってみます。

“パパド”と2種のソース

大野さん:
私がゴルフを始めたのは小学5年生の時です。きっかけは当時ゴルフに夢中だった父の影響で、私と2人の兄はよくゴルフに連れて行ってもらいました。趣味としてだけではなく、競技としてジュニアの大会に出るようになり、高校時代には関東高等学校ゴルフ選手権で優勝もしました。

だんだん上達するにつれて「プロゴルファーになりたい」と強く思うようになり、高校卒業後に数度プロテストを受験したのですが、残念ながら合格できませんでした。それでもゴルフが好きだったので、仕事としてゴルフに関わりたいと思い、ゴルフ場でキャディとして働いていました。

そんな状況の中で、元々知り合いでもあった“サウスゴルフアカデミー”の代表に「店舗を開くのでレッスンプロをやってみないか?」と誘われ、7月から品川でレッスンプロを行っています。

大野さん

大野さんのゴルフのきっかけはお父さん。生涯スポーツとして家族でも楽しめるのがゴルフの魅力の一つ。最近は若い世代でもゴルフ人口が増えていますが、“サウスゴルフアカデミー”もゴルフによって構築できる“コミュニティ”に着目しています。

森さん:
ゴルフは人とのつながりを深めるには最適なスポーツです。4人1組で1日一緒にコースを回るので、初対面の人同士でも打ち解けて「また一緒に回りましょう!」という会話も度々生まれます。そうやって、どんどんゴルフ仲間のコミュニティが広がっていく。

“サウスゴルフアカデミー”では、コミュニティとしての「ゴルフを通じて人との出会い・つながりを楽しめる場」を目指しているので、お酒も提供するゴルフバーとしても運営しています。会話も楽しみながら、ゆったり練習していただけるとうれしいです。

施設のコンセプトの根底には、代表の「ゴルフで得られたものに対してゴルフで恩返しをしたい」という想いがあります。代表はアメリカまで4大大会の一つである“マスターズ”を観に行く程のゴルフ好きなのですが、ゴルフによって様々な方とのご縁を培ってきた経験があるので、その経験を品川の皆様にも還元するべく“サウスゴルフアカデミー”をオープンしました。

森さん

続いてテーブルに運ばれてきたのは、2種の肉料理。インド料理の定番、“タンドリーチキン”と“チキンシークケバブ”です。ピリっとした辛さとクミンの香りに触発されて、大野さん・森さんのゴルフトークが加速します。

タンドールと呼ばれる窯で焼く“タンドリーチキン”
羊肉と鶏肉の挽き肉を焼いた“チキンシークケバブ”

マナーも厳しく、“大人の嗜み”としてのイメージが強いゴルフ。
憧れはあるものの、最初の一歩を踏み出しにくいと感じている方も多い印象がありますが、“サウスゴルフアカデミー”としてはどの様に考えているのでしょうか?

森さん:
昔と比べると今はかなりリーズナブルにゴルフを始められます。
ウェアは専門ブランドだけでなくユニクロでも買えますし、クラブもスターターセットとして比較的手頃な価格で買えますよ。
なので、気軽に一歩を踏み出してもらえればと思います。どんなに上手なプレイヤーも最初は初心者だった訳ですし。
 
大野さん:
ゴルフは個人スポーツである一方、グループでコースを回るので、初心者の方だと「自分だけ打数が多くて迷惑を掛けてしまう」と心配される方もいると思います。しかしながら、「初心者の方と一緒に回るのは嫌だ」と思う人はいないです。
高スコアを狙う上級者は、一生懸命プレーする初心者と同伴すると、“ゴルフを楽しむ”ことを前提に、マナーも含めて色々と教えてくれます。そういった事を繰り返して、素敵なゴルファーがどんどん生まれてくると良いと思います。

お2人の話を聞いていると、思った以上に気軽に始められそうな感じがしてきます。
 
ゴルフ愛がピークを迎えたところで、店主のBishitさんと共にメインのカレーが登場。テーブルも一気に賑やかになりました。

三角の皿に載ったカレーは、左から“レンズ豆のカレー”、“マトンカレー”、“チキンティッカマサラ”。 手前は左から“ナン”、“クミンライス”、“チャパティ”

Bishitさん:
本日のカレーはレンズ豆のカレー、チキンティッカマサラ、マトンカレーの3種です。

インドで日常的に食べられているのは豆のカレーですね。インドでは宗教上の理由で食べられる肉に制限があるので、ビタミンBがなかなか摂れない。そのため“畑の肉”と言われる豆を使ったカレーを毎日お昼に食べます。日本人にとっての味噌汁みたいなものですね。クミンライスと一緒に食べるのがおすすめですよ。

森さん:
豆のカレーはあまり辛くなくて、優しい味ですね。
この薄いナンみたいなものは何ですか?

Bishitさん:
これは“チャパティ”です。インドの家庭では“ナン”はほとんど食べることがなく、特に北インドではこのチャパティが主流です。私は日本での「インドカレーと言えばナン」というイメージを払拭したいとずっと思っているのですが、やっぱりナンが人気ですね(笑)。

大野さん:
マトンカレーも、お肉が柔らかいしスパイシーで美味しいです!

Bishitさん:
ありがとうございます!臭みを消すためにガラムマサラなど多くのスパイスを調合して、スパイスの香りを強めにして作っています。

もう一つのチキンティッカマサラはインドカレーの中で一番知られているけれど、実はイギリス発祥なのですよ。

森さん:
普段よく食べているカレーでも知らないことばかりですね。勉強になります!

Shinagawa peopleも気軽にどうぞ!


オープン直後の中で、これからの活動のイメージを膨らませている真っただ中の“サウスゴルフアカデミー”。施設の特徴はどういった点なのでしょうか?

大野さん:
“サウスゴルフアカデミー”では、モーションキャプチャで瞬時にスイング時のデータを計測して表示する“AIGIA”や、パッティングの軌道を可視化してガイドする“Puttview”など、最新鋭のシミュレーション機器を導入しています。それらを活用しながら、私たちコーチがマンツーマンで練習をサポートするので、上級者も最新機器を活用しながら自身のフォームの再確認が出来ます。初心者は我流で練習し始めると良くない癖がついてしまったりするので、ゴルフを始める第一歩としても適していると思います。

打つ際の角度やボールの回転数を計測する“AIGIA”
ボールの軌道や地面の傾斜が投影される“Puttview”

“サウスゴルフアカデミー”のメンバーは元々品川にゆかりのあるメンバーが多いとの事。今後は品川で働く・暮らす方々に親しまれるスタジオを目指していきたいと話します。

大野さん:
“サウスゴルフアカデミー”をオープンさせたきっかけとして、グループ会社が高輪から港南に移転したことも挙げられます。我々としても、元々ゆかりのある品川エリアをもっと盛り上げていきたいという意向もあるので、様々なチャレンジをしていきたいです。

多くの企業が集まる街なので、企業対抗コンペ等も企画していきたいですし、スタジオ内で会員同士がスコアを競い合ったりできたら面白いかもしれませんね。貸し切りで利用いただくことも可能なので、社内イベント等でご活用頂くこともできますよ。
 
森さん:
ゴルフは年齢関係なく取り組めるスポーツです。また健康な身体作りにも役立てていただけます。今後ゴルフ人口がさらに増えればいいなと思っています。

話が締めに向かう中、最後のデザート“グラブジャムン”が運ばれてきました。牛乳を煮詰めて固めたものを油で揚げてシロップ漬けにしたお菓子なのですが、そのお味は…

“グラブジャムン”

大野さん・森さん:
めちゃくちゃ甘い!!

Bishitさん:
6年くらい前に日本のテレビ番組で“世界一甘いデザート”として紹介されました。きっと経験したことのない甘さですよね。

大野さん:
すごく甘いけど、私は好きです!これ、日本でも買えるのですか?

Bishitさん:
日本だとなかなか提供しているお店は少ないと思います。食べたくなったら、ぜひ当店にいらっしゃってください!

気さくで日本語がとってもお上手な店員さんとの会話が楽しい“マハラジャ”。ゲストの大野さん・森さんのお2人も、終始興味津々でお話を聞きながらじっくりお料理を味わいました。

また、“サウスゴルフアカデミー”は“マハラジャ”から歩いて1分。ゴルフの練習でお腹を空かせてからインド料理を楽しむのもよし、スパイシーなインド料理でエネルギーチャージをしてから思い切り練習するのもよさそうですね。

“Puttview”にトライする森さんとRe-FRESH編集部

“サウスゴルフアカデミー”のHPはこちらから👇
https://sga-golf.jp/

それでは、次回の記事もお楽しみに!


【店舗情報】マハラジャ品川グランパサージュ店



住所|〒108-0075 東京都港区港南2丁目16−5 NBF品川タワー B1F
TEL|03-5769-8707
HP|https://www.maharaja-group.com/shinagawa/
MAP|https://maps.app.goo.gl/mzeDe2xcLBQ5KJh4A


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!