見出し画像

彩り鮮やかなサンドイッチ!『Three S』吉澤さんと行く隠れ家モーニング【歓喜の牛/港区港南】

品川駅港南口を出て飲食店街を歩くこと3分。旧海岸通りに差し掛かる手前で方向転換し、裏路地を進んでいくと、青い壁のお店がひっそりとたたずんでいます。その名も、『歓喜の牛』。

2021年5月にオープンした四角いハンバーグが話題のお店です。

画像1

ヨーロッパのカフェを思わせる可愛らしいドアを開けて、本日のゲスト、吉澤晶子さんと共に入店します。

画像2

吉澤さんは、品川において働く女性のキャリアや多様化するライフスタイルに関する情報を共有するコミュニティ『Three S』の運営をサポートしています。「『Three S』の参加メンバーには小さいお子さんがいらっしゃる方もいるので、朝活やランチ会を開催してほしいという要望が出てきています。朝の出勤前やお昼休みに女性が集まりやすいお店を探していた所、こちらのお店にたどり着いきました」とのこと。

今回はそんな吉澤さんと『歓喜の牛』が2月より開始したモーニングメニューをいただきながら、『Three S』についてのお話を伺いました。

プロフ_PIAZZA吉澤さん改定-03



低温でじっくり仕上げ。柔らか豚ロースを味わうフィルズサンド

『歓喜の牛』のモーニングメニューは姉妹店である北区・田端の『FILL’S(フィルズ)』から仕入れるサンドイッチ!
サンドイッチ+季節のスープ+ドリンクのセットが650〜750円というお手頃価格です。朝7時からオープンしており、単品注文・テイクアウトも可能な為、出勤前に利用するにはうってつけです。

画像3

手前からカニクリームコロッケサンド、クリームチーズ&ハーブチキンサンド、タマゴサンド、フィルズサンド。どれも分厚い!
迎えてくれたシェフの山本さんいわく、「社長がとにかくモリモリ入れたい人なんです(笑)」。吉澤さんはお店おすすめの”フィルズサンドセット”を選択しました。

画像4

レタス溢れんばかりの(すでに溢れている)サンドイッチに「わー!すごいボリューム!(笑)」と思わず笑みがこぼれます。

IMG_3592-2_トリミング

特に味わってほしいのがこだわりのお肉。「低温でじっくり時間をかけて調理しているので、柔らかく仕上がっていますよ」という山本さんの言葉に期待が高まります。

画像6

しっとりとした豚ロースは噛むほどに優しい旨味とハーブソルトの香りが広がります。シャキシャキのレタスとみずみずしい厚切りトマトとの相性も抜群!

「野菜もお肉もたくさん入っているから一つでおなか一杯になりますね。こんな美味しいサンドイッチ食べたことありません!」と、吉澤さんが頬をほころばせます。

IMG_3627_再修正


品川で「しなやかキャリア」、ゆるさがちょうど良い『Three S』

ジャズが流れる落ち着いた店内でサンドイッチを堪能する吉澤さん。

ところで、『Three S』とはどんなコミュニティなのでしょうか?改めて聞いてみました。

「『Three S』というのはその名の通り”3つのS”で、私たちが目指す女性のキャリアのあり方を表しています。“supple(しなやかな)”、“suitable(ちょうど良い)”、そして、“selectable(選択可能な)”。品川のイニシャルSでもあります。


女性は結婚、出産でキャリアを諦めることも多いのが実情です。そうではなく、その時の自分にあった生き方、働き方を選べることを目指して、女性のキャリア形成について知見のある方の話を聞いたり、情報交換をしたりしています。」

画像8

現在は月1回程度、少人数の情報共有を行うイベントを開催している『Three S』ですが、そのコミュニティの雰囲気はまさに”ちょうど良い”もの。堅苦しさは全然なく、井戸端会議のようなゆるさと気軽さがあるといいます。

「実際にイベントを開催してみると、もちろん前向きな話も出てくるのですが、結婚生活の悩みや愚痴なんかも出てくるんです。職場でも家でもできないが話ができる”サードプレイス”になれれば良いと思い、活動を行っています。」

『Three S』には今まさに子育て中という方も、結婚・出産はこれからという方も参加しています。先輩のリアルな経験談を聞けるのは、このコミュニティの醍醐味かもしれません。


「隠れ家的な雰囲気の『歓喜の牛』は、『Three S』の雰囲気にピッタリなんです。次回のコミュニティイベントはこちらを活用させて頂きたいとたくらんでいます!」

画像9



気になる「四角いハンバーグ」も実食!

サンドイッチも美味しいけれど、やはり『歓喜の牛』の名物のハンバーグは気になるところ。電波振動で旨味成分を閉じ込める”分子調理”で仕上げた個性的な”四角いハンバーグ”はSNS映えも抜群です。

画像10

コンパクトなサイズですが、2つ合わせて220g!
口に入れると、ぎゅっと詰まったお肉の密度が感じられ、食べ応えは十分です。

“味変”もおすすめで、ワサビを載せれば辛さがアクセントに、生卵を溶いてくぐらせればマイルドな舌触りに、と変化を楽しめます。
感動が1度だけでは終わらない、美味しいハンバーグはランチ・ディナーで楽しめます。

画像11



品川の女性を輝かせるサンドイッチを

『歓喜の牛』のモーニングは平日限定。低温でじっくり火を通したお肉はきちんと殺菌されており長持ちするので、ランチとしてテイクアウトするのもおすすめ。

3月からは店内で抗菌コーティング作用のあるECOSAS銀イオン水も販売予定で、飲食店から見たウイルス感染対策に対する意識改革も行っていきます。

画像12

『Three S』では参加メンバーを募集中。30代を中心としながら、結婚・出産の経験有無に関わらず参加できます。少し覗いてみたいという方も大歓迎ですので、少しでもご興味がある方は下記HPよりご連絡ください!

近い将来、『歓喜の牛』で彩り豊かなサンドイッチと共に『Three S』の朝会が行われるかもしれませんね。

それでは、次回もお楽しみに。

〈info〉Three S
💻HP https://three-s-project.studio.site/
📖note https://note.com/three_s_project


【店舗情報】歓喜の牛

住所|東京都港区港南2-4-11 旧海岸通り裏
TEL|080-7007-8442
HP|http://kankinoushi.com/
MAP|https://goo.gl/maps/gNRpqUVLaLqLPDYHA

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!